コロナ時代の新しい選挙のカタチを追加しました。

未分類

本人が録音した音声で、合理的により多くの有権者に訴える

選挙の基本は、自分の思い・考えを多くの有権者に伝えることが大切です。 これまで伝えることに、多くのスタッフや費用が掛かっていましたが、いまは、パソコンやスマートフォンがあれば、手軽にYouTubeに動画をアップしたり、街頭や街宣車で録音した音声を流すことができます。政治活動においても、発信者の名前を言うことはもとより、選挙運動では、堂々と投票依頼ができます。人に頼らないでご自身の声で訴えましょう。 例えば、「選挙出代(立候補予定者の氏名)です。○○市の経済を発展させ、福祉を充実させます。」は、車の走行中、停車中でも問題はありません。 ≪演説の参考例≫ 私、選挙出代(立候補予定者の氏名)は、大きな災害をもたらす気象異常の原因である温暖化対策と地域経済、雇用の両立を推進します。 世界でCo2の排出・吸収する温室効果ガスの量をとりまとめたインベントリにバイオ炭が加わり、政府はCo2を閉じ込めたバイオ炭を農地土壌改良にJクレジットを発行し、温暖化対策を進めています。 バイオ炭は焼成温度450度以上で設定され、市販の炭窯も10万円台からあり、誰でもつくることができます。 さらに、副産物として炭を […]