法律

1/3ページ
公職選挙法や公職選挙法関連の法律の条文を掲載しています。

政治資金規正法 ≪第三章の二 国会議員関係政治団体に関する特例等≫

前章、『第三章 公職の候補者に係る資金管理団体の届出等(第十九条―第十九条の六)』はこちら 第三章の二 国会議員関係政治団体に関する特例等 第一節 国会議員関係政治団体に関する特例 (国会議員関係政治団体) 第十九条の七 この節において「国会議員関係政治団体」とは、次に掲げる政治団体(政党及び第五条第一項各号に掲げる団体を除く。)をいう。 一 衆議院議員又は参議院議員に係る公職の候補者が代表者であ […]

政治資金規正法 ≪第七章 補則≫

前章、『第六章 罰則(第二十三条―第二十八条の三)』はこちら 第七章 補則 (報告書の真実性の確保のための措置) 第二十九条 第十二条第一項又は第十七条第一項の規定による報告書を提出する者は、これらにそれぞれ真実の記載がされていることを誓う旨の文書を添えなければならない。 第三十条 削除 (監督上の措置) 第三十一条 総務大臣又は都道府県の選挙管理委員会は、この法律の規定により提出された届出書類、 […]

政治資金規正法 ≪第六章 罰則≫

前章、『第五章 寄附等に関する制限(第二十一条―第二十二条の九)』はこちら 第六章 罰則 第二十三条 政治団体が第八条の規定に違反して寄附を受け又は支出をしたときは、当該政治団体の役職員又は構成員として当該違反行為をした者は、五年以下の禁錮(こ)又は百万円以下の罰金に処する。 第二十四条 次の各号の一に該当する者(会社、政治団体その他の団体(以下この章において「団体」という。)にあつては、その役職 […]

政治資金規正法 ≪第五章 寄附等に関する制限≫

前章、『第四章 報告書の公開(第二十条―第二十条の三)』はこちら 第五章 寄附等に関する制限 (会社等の寄附の制限) 第二十一条 会社、労働組合(労働組合法(昭和二十四年法律第百七十四号)第二条に規定する労働組合をいう。第三項並びに第二十一条の三第一項及び第二項において同じ。)、職員団体(国家公務員法(昭和二十二年法律第百二十号)第百八条の二又は地方公務員法(昭和二十五年法律第二百六十一号)第五十 […]

政治資金規正法 ≪第四章 報告書の公開≫

前章、『第三章の二 国会議員関係政治団体に関する特例等』はこちら 第四章 報告書の公開 (収支報告書の要旨の公表) 第二十条 第十二条第一項又は第十七条第一項の規定による報告書を受理したときは、総務大臣又は都道府県の選挙管理委員会は、総務省令の定めるところにより、その要旨を公表しなければならない。この場合において、第十二条第一項の規定による報告書については、報告書の提出期限が延長される場合その他特 […]

政治資金規正法 ≪第三章 公職の候補者に係る資金管理団体の届出等≫

前章、『第二章 政治団体の届出等(第六条―第十八条の二)』はこちら 第三章 公職の候補者に係る資金管理団体の届出等 (資金管理団体の届出等) 第十九条 公職の候補者は、その者がその代表者である政治団体(第三条第一項第三号の規定に該当するもの、第五条第一項の規定により政治団体とみなされるもの及びその者以外の者を推薦し又は支持することを本来の目的とするものを除く。)のうちから、一の政治団体をその者のた […]

政治資金規正法 ≪第二章 政治団体の届出等≫

前章、『第一章 総則(第一条―第五条)』はこちら 第二章 政治団体の届出等 (政治団体の届出等) 第六条 政治団体は、その組織の日又は第三条第一項各号若しくは前条第一項各号の団体となつた日(同項第二号の団体にあつては次条第二項前段の規定による届出がされた日、第十九条の七第一項第二号に係る国会議員関係政治団体として新たに組織され又は新たに政治団体となつた団体にあつては第十九条の八第一項の規定による通 […]

政治資金規正法 ≪第一章 総則≫

第一章 総則 (目的) 第一条 この法律は、議会制民主政治の下における政党その他の政治団体の機能の重要性及び公職の候補者の責務の重要性にかんがみ、政治団体及び公職の候補者により行われる政治活動が国民の不断の監視と批判の下に行われるようにするため、政治団体の届出、政治団体に係る政治資金の収支の公開並びに政治団体及び公職の候補者に係る政治資金の授受の規正その他の措置を講ずることにより、政治活動の公明と […]

公職選挙法≪第十六章 罰則≫

前章、『第十五章 争訟(第二百二条―第二百二十条)』はこちら 第十六章 罰則 (買収及び利害誘導罪) 第二百二十一条 次の各号に掲げる行為をした者は、三年以下の懲役若しくは禁錮(こ)又は五十万円以下の罰金に処する。 一 当選を得若しくは得しめ又は得しめない目的をもつて選挙人又は選挙運動者に対し金銭、物品その他の財産上の利益若しくは公私の職務の供与、その供与の申込み若しくは約束をし又は供応接待、その […]

公職選挙法≪第十五章 争訟≫

前章、『第十四章 選挙運動に関する収入及び支出並びに寄附(第百七十九条―第二百一条)、第十四章の二 参議院(選挙区選出)議員の選挙の特例(第二百一条の二―第二百一条の四)、第十四章の三 政党その他の政治団体等の選挙における政治活動(第二百一条の五―第二百一条の十五)』はこちら 第十五章 争訟 (地方公共団体の議会の議員及び長の選挙の効力に関する異議の申出及び審査の申立て) 第二百二条 地方公共団体 […]

1 3