法律

3/3ページ

公職選挙法≪第三章 選挙に関する区域≫

前章、『第二章 選挙権及び被選挙権(第九条―第十一条の二)』はこちら 第三章 選挙に関する区域 (選挙の単位) 第十二条 衆議院(小選挙区選出)議員、衆議院(比例代表選出)議員、参議院(選挙区選出)議員及び都道府県の議会の議員は、それぞれ各選挙区において、選挙する。 2 参議院(比例代表選出)議員は、全都道府県の区域を通じて、選挙する。 3 都道府県知事及び市町村長は、当該地方公共団体の区域におい […]

公職選挙法≪第二章 選挙権及び被選挙権≫

前章、『第一章 総則(第一条―第八条)』はこちら 第二章 選挙権及び被選挙権 (選挙権) 第九条 日本国民で年齢満十八年以上の者は、衆議院議員及び参議院議員の選挙権を有する。 2 日本国民たる年齢満十八年以上の者で引き続き三箇月以上市町村の区域内に住所を有する者は、その属する地方公共団体の議会の議員及び長の選挙権を有する。 3 日本国民たる年齢満十八年以上の者でその属する市町村を包括する都道府県の […]

公職選挙法≪第一章 総則≫

第一章 総則 (この法律の目的) 第一条 この法律は、日本国憲法の精神に則り、衆議院議員、参議院議員並びに地方公共団体の議会の議員及び長を公選する選挙制度を確立し、その選挙が選挙人の自由に表明せる意思によつて公明且つ適正に行われることを確保し、もつて民主政治の健全な発達を期することを目的とする。 (この法律の適用範囲) 第二条 この法律は、衆議院議員、参議院議員並びに地方公共団体の議会の議員及び長 […]

公職選挙法≪第十一章 特別選挙≫

前章、『第十章 当選人(第九十五条―第百八条)』はこちら 第十一章 特別選挙 (衆議院小選挙区選出議員、参議院選挙区選出議員又は地方公共団体の長の再選挙) 第百九条 衆議院(小選挙区選出)議員、参議院(選挙区選出)議員(在任期間を同じくするものをいう。)又は地方公共団体の長の選挙について次の各号に掲げる事由のいずれかが生じた場合においては、第九十六条、第九十七条又は第九十八条の規定により当選人を定 […]

公職選挙法 ≪第十七章 補則≫

前章、『第十六章 罰則(第二百二十一条―第二百五十五条の四)』はこちら 第十七章 補則 (衆議院議員の任期の起算) 第二百五十六条 衆議院議員の任期は、総選挙の期日から起算する。但し、任期満了に因る総選挙が衆議院議員の任期満了の日前に行われたときは、前任者の任期満了の日の翌日から起算する。 (参議院議員の任期の起算) 第二百五十七条 参議院議員の任期は、前の通常選挙による参議院議員の任期満了の日の […]

③ 注意すべき選挙違反(リスクを知る)

2017年 第48回衆議院議員総選挙公示2日前の警告件数 警告の内訳 件数 一部の場所に集中して多数のポスターを張るといった「文書掲示」 483 有権者に投票を依頼するような文書を配る「文書頒布」 33 名前を連呼するといった「言論」 17 インターネットを利用した違反は、公示前に事前運動をするなど 4 内訳 ホームページ・ブログ 1 会員制交流サイト(SNS) 3 合計 537 2017年 第4 […]

政治資金規正法

目次 第一章   総則(第一条 ~ 第五条) 第二章   政治団体の届出等(第六条 ~ 第十八条の二) 第三章   公職の候補者に係る資金管理団体の届出等(第十九条 ~ 第十九条の六) 第三章の二 国会議員関係政治団体に関する特例等 第一節   国会議員関係政治団体に関する特例(第十九条の七 ~ 第十九条の十七) 第二節   登録政治資金監査人(第十九条の十八 ~ 第十九条の二十八) 第三節    […]

公職選挙法、政治資金規正法関連の法律

公職選挙法関連の法律 地方自治法 第二条 地方公共団体は、法人とする。 ○2 普通地方公共団体は、地域における事務及びその他の事務で法律又はこれに基づく政令により処理することとされるものを処理する。 ○3 市町村は、基礎的な地方公共団体として、第五項において都道府県が処理するものとされているものを除き、一般的に、前項の事務を処理するものとする。 ○4 市町村は、前項の規定にかかわらず、次項に規定す […]

1 3